• 268月

    GoogleのAndroidタブレット、Nexus 7の2013年モデルが日本でも8/28から発売されるそうで。

    1920x1200pixelの高解像度やCPU性能の向上などはすでに伝えられていましたが、気になるのはやはり価格でしょう。
    円安傾向と性能アップの影響もあってか、16GBモデルで27800円と前モデルに比べてかなり値上げになっています。
    iPad miniの32800円からすればまだ安いわけですけど、19800円から考えるとイメージ的にかなり上がったなぁと感じてしまいますね。

    また、LTEモデルも9月中旬に投入予定だそうで、こちらは32GBで39800円くらいだとか。
    それに関連してかは分かりませんが、auがWi-Fiモデルの取り扱いを発表しています。
    ただ、ここでも気になるのは価格でして、どうやらGoogleから発表された価格よりも少し高い値付けになる予定だとか。
    auポイントでの購入ができるそうですけど、なんとも不可解な印象です。

    旧モデルのNexus 7は中古だと1万円代前半になっていてちょっと興味の出てくるところですが、どうもAndroidに馴染めないままなんですよねぇ。
    iPadに比べると自由度も高いしOSもずいぶん進化してるんですけど、どうも私はタブレットには適度な不自由さを求めているようなところがあるようで、音響機器で言えばAVアンプみたいな多機能路線に興味を持てないみたいです。
    自由度の高い部分はパソコンのほうで、という切り分けを自然とイメージしてしまっているのかもしれませんね。
    そんなわけで、むしろ新しいNexus 7をうけて、iPad側がどういう進化を見せてくるか、に興味を持って待ちたいところです。

    Filed under: Smartphone
    2013/08/26 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • StraySheep Says:

    Nexus7(2013)、ケーズデンキオンラインショップで予約注文しました。既に出荷のお知らせもらったので、明日には届く予定です。

    購入したのは32GB版なので33800円。ドル建ての価格から見るとお高く感じる訳ですが、海外から個人輸入となると色々面倒もあるし、転送サービスみたいなのを使うことになるので5000円は上乗せになるようす。結局は支払額は同じくらい掛かってしまうので国内正規品を買ったほうが良いですね。

  • MacBS Says:

    StraySheepさん、コメントありがとうございます。

    注文、おめでとうございます。
    発売になってしまえば海外版よりは国内モデルですよね。
    来月の出張あたりには旧モデルの中古が店頭にあふれてそうな予感です。