• 3011月

    オーディオテクニカのイヤホンを買ってからiPhoneで音楽を聴く機会がまた増えたのですが、あとちょっと音のチューニングをしたいなぁと思い始めています。

    iPhoneにも一応プリセットのイコライザがありますが、あれはブーストするばかりで歪みがかなり盛大で、個人的には正直、使い物になりません。
    そこで、アプリでイコライジングできないかと調べてみると、いくつかあるんですね。

    定番はEQu EQu - 高品質イコライザー - elephantcandyらしいのですが、有料なのと、電池の減りが早いらしいので、まずは無料のものを試してみることにしました。
    試したのは「EQ 3」 EQ 3 - David Rossというアプリです。

    名前のとおり、3バンドイコライザ装備のアプリで、曲はiPodのライブラリに入っているものから選べます。
    ただし、DRMのかかっているiTSで購入した楽曲は再生できません。

    効果はなかなか良い感じで、上のスクリーンショットのように調整すると、オーディオテクニカのイヤホン(というよりiPhoneのほうのクセ?)も自然な感じになります。
    ただ、やはり色々と無理はあって、プリセットのイコライザ同様、やや歪みが出ますねぇ。

    また、この無料版だとバックグラウンドでの再生ができません。
    同じ製作者の「EQ 10」 10 Band EQ - David Rossだとバックグラウンド再生に対応していますが、こちらは有料です。
    10バンドになれば、その分、処理の負荷も増えるでしょうし、そうなると定番のEQuのほうが良いのかなぁ。

    こうやって気軽にいろいろ試せるのはiPhoneアプリの良さですが、iOSの再生ルートを迂回できるわけではなく、そう考えると本格的にはやっぱり外部のポータブルヘッドフォンアンプかなぁ。
    こちらも一応、検討中ではあって、Fiio E11やiBasso Audio T3 Hj、あるいは新しく出るらしいiBasso A01あたりかなぁと。
    iPhoneと一体型でデジタル伝送の「GO-DAP Unit4.0」も気になっていますが、ポタアン初心者には、まずは前者あたりが良いのではないかと思っているところです。

    Filed under: Smartphone
    2011/11/30 7:00 pm | iPhoneアプリでイコライザ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.