• 012月

    若旦那の独り言wpさんの記事を拝見して、iPhoneをGPSロガーに出来る
    というのを知ったので、早速試してみました。

    使ったソフトは無料で配布されている「Geotagging」というソフトです。
    Geotagging

    Geotagging

    最初は同じく無料の「EveryTrail」を使ったのですが、何故かこちらは
    GPSのログがきれいに残らなかったりしたんですよね。
    EveryTrail

    ただ、「EveryTrail」のほうが、現在地を地図上に表示できたり、
    機能としては上なので、うまく取得できるなら、こちらを使ったほうが
    便利だと思います。

    あと、これは逆に「Geotagging」のほうの問題(?)ですが、iPhoneの電池の
    減りがかなり激しいです。
    「EveryTrail」の時はそれほどではなかった気がするので、もしかすると
    GPSへの問い合わせ間隔などが違うのかもしれませんね。

    で、取得した情報は、どちらのソフトも「EveryTrail」というWebサービスに
    アップロードします。
    すると、記録した経路がマップ上に表示されちゃいます。
    デフォルトだと、この情報が「公開」になってるので、ちょっと注意が
    必要なんですけどね。

    あとは、そのサイトからGPXというファイルをダウンロードすれば、
    パソコン上で編集・参照可能になります。

    Mac用にはJPEGに位置情報を付加する専用ソフトがあるようでしたが、
    Windowsには良さそうなものがあまりなかったので、Javaを使った
    Jpeg GPX Merger」というフリーのソフトを使いました。

    これを使えば、iPhoneで撮影した写真でなくても、日時さえ正確に
    合わせておきさえすれば、JPEGに位置情報が後付けできます。
    市販のGPSユニットがなくてもできちゃう、っていうのは、うれしいですよね。

    B0015AX1DW ソニー GPSユニットキット GPS-CS1KSP
    ソニー 2008-03-14

    by G-Tools

    問題は位置情報を埋め込んだJPEGが出来たからといって、イマイチ
    活用方法がない点なんですけどねぇ。(^^;
    そのあたりを活かしたサイトがもっとあったら、さらに楽しめる遊び方
    かもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2009/02/01 8:49 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • biomax Says:

    ジオタグ付け、面白いですよね。
    iPhote’09 の「撮影地」機能と合わせて使うとさらによいです。
    撮影地に赤いピンが立っていくのは見てるだけで楽しくなります。
    まだまだ行ったこと無いところ多いなぁとか。
    昔の写真にもiPhotoから簡単にジオタグ付けられるのもいいですよね。
    今、ムキになってタグ付けしていますw

  • MacBS Says:

    biomaxさん、コメントありがとうございます。

    そうですね!iPhoto ’09というのは失念しておりました。(^^;
    うーん、なんだか欲しくなってきたかも。

    もうちょっと気楽(?)にジオタグを付ける方法も見つけたので、
    あとでご紹介しようと思います。