• 221月

    Time CapsuleのNAS対応問題(?)も、いまだはっきりしないのですが、
    Time Machineをネットワークドライブに対応させてくれるフリーソフト
    iTimeMachine」というのが公開されているようで。

    このソフト、「Enable AirDisks」というボタンひとつのシンプルなソフトで、
    これを押すと、Time Machine側でネットワークドライブが選択可能になるんだとか。

    どうやら、隠し機能的に、plistの編集あたりで元々対応可能だったみたいですね。
    もしかすると、それが「Time Capsule」への伏線だったのかもしれませんし。

    ってことで、すでにNASを導入済みでしたら、もしかすると「Time Capsule」を別途
    購入しなくても良いかもしれませんね。


    【送料無料】I・O DATA HDL-GX500R ギガビットLAN対応 500GB 外付けHDD

    NASだけでなく、共有ドライブなども指定できたという報告もあるようですが、
    一部指定時の動作が不安定で、何度かリトライした、というコメントも見かけました。
    まぁ、正式対応ではないですから、多少のトラブルは覚悟したほうが良いかも。(^^;

    あくまでもフリーソフトでの隠し機能のEnable化なので、実行は自己責任でお願いします。
    復元時の安全性を考えれば、新規に導入を検討されているのであれば、やっぱり
    「Time Capsule」のほうが安心かもしれません。


    【送料無料】Apple 【2月発売】TimeCapsule 500GB MB276J/A

    Filed under: Mac
    2008/01/22 11:22 am | iTimeMachine はコメントを受け付けていません

Comments are closed.