• 0811月

    iPhone用の露出計アプリ「FotometerPro」がデジカメWatchで紹介されていたので、早速購入してみました。
    FotometerPro - Kit Da Studio

    露出計を実現しているアプリはこれまでにも「Pocket Light Meter」 Pocket Light Meter - Nuwaste studiosとか、他にもいくつかありましたが、これはデザインも本物の露出計にソックリです。
    なんとなく撮影する気分も高まるのは懐古趣味でしょうけれど。

    なお、最初の起動時には革製のケースのようなタイトル画面が表示され、ちょっとだけ起動に待たされます。
    裏で起動しておけばすぐに使えるんですが、もう少し起動が早いとうれしいかも。

    使い方はこれまた紙の懐かしい説明書を彷彿とさせるPDFっぽいものをアプリ内で見ることができるので、初めての方でもたぶんわかると思います。
    基本的には内側のリングで感度を設定、外側のリングで絞りを指定したら、下側のシャッタースピードを読むだけです。
    反射光式以外に入射光式でも測定でき、その場合、内側のカメラを使うことになります。

    精度については手持ちの露出計、SEKONIC L-248やLeicaメーターを比べてみました。
    セコニックと比べると、反射光式では暗い場所ではほぼ同じ値、明るい場所では1段くらいオーバー目です。
    入射光だとどちらも大体同じくらいの値でした。
    Leicaメーターでは逆に暗い場所では1段くらいアンダー、明るい場所ではほぼ同じ値です。
    アプリ内で補正も可能ですから、好みに調整して使えば問題ないレベルですね。

    ただ、やや平均測光っぽいのと、最低感度が5EVくらい(ISO100/F1.4で1/15秒まで)というのはちょっと暗い場所に弱いなぁという印象です。
    「Pocket Light Meter」は3.5EVくらいまで測れますし、あと1段くらいは測光できてほしい気がします。
    あと、針をホールドする機能がないので、その場ですぐに針を読む必要があり、手元に持ってこれないのもちょっと不便ですから、ここはホールドが欲しいところです。

    機能面ではまだまだという部分もありますが、別途、露出計を持ち歩く機会というのは最近めっきり減りましたし、iPhoneにちょっと入れておけるというのは良いなぁと思います。
    特に入射光で使いたい方にはオススメですよ。

    Filed under: Smartphone
    2011/11/08 9:00 am | FotometerPro はコメントを受け付けていません

Comments are closed.