• 019月

    本日のPickupです。

    MacPeople「2014年 11月号」をもって休刊

    MacFanよりはMacPeople派の私でしたが、買わなくなって正直もうずいぶん経ちました。
    考えてみるとその前はMacPowerを愛読していたし、ログインや月刊アスキーも良く読んでたなぁ。
    9月末が最終号だそうですが、スマホアプリ開発者向け内容ではなく、MacPeopleの歴史をまとめた一冊になってたら欲しいところですが、最後だけ購入…というのも少し気が引ける気もします。

    SOtM sHP-100

    SOtMとしては初のヘッドフォンアンプ搭載モデル。
    同社のDDCは何度か購入しようかと店頭で眺めた記憶があるんですが、見た目が正直どうもイマイチで…。
    筐体ばかり立派なのも困りものですけど、細部の仕上げとかもうちょっとキレイだと購入意欲も高まるかなと。
    今回のsHP-100はそのあたりがどうなってるか、見てみないと分かりませんけどね。

    ソナス・ファベールからペア880万円の新フロア型スピーカー「Lilium(リリウム)」

    SOtMとは正反対なくらい立派なエンクロージャのLiliumですが、お値段がスゴいことに。
    ステレオサウンド誌などを見ていると1,000万円超えのスピーカーもたくさん登場しますから、それからすればまだまだ中堅(?)クラスとも言えるんですが。
    ちなみにMcIntoshやWadiaも今はSonus Faberと同じFine Sounds Groupに属しています。

    ・オーディオ電子部品図鑑: 真空管から抵抗器まで高品位音響パーツを網羅

    サブタイトルの通り、オーディオパーツを広く網羅した一冊だとか。
    部品表っぽいものは結構ありますが、真空管や抵抗、コンデンサ、トランスを写真入りで図鑑形式で紹介してるというのはちょっと珍しいかも。
    特に真空管は同じ型番でもブランドによるバリエーションも紹介してるんだとか。
    MJ無線と実験編集部から9/9発売予定です。

    関連エントリー:

    Filed under: Pickup
    2014/09/01 9:00 am | Pickup 20140901 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.