• 143月

    最近、自分でオリンパスが好きなんだな、という自覚が出てきた
    ところなのですが、そんなオリンパスの高倍率ズームデジカメ
    SP-550UZ」を、お店で触ってきました。


    オリンパス 光学18倍ズームデジタルカメラ SP-550UZ

    お値段的には安いデジタル一眼レフと大差なかったりしますが、
    なんといってもこのカメラの魅力は28-504mm相当の超望遠でしょう。
    しかも、真面目にF2.8-4.5と、明るいのが偉いです。

    手ぶれ補正もCCDシフト方式のものが搭載されていまして、店舗内で
    実験してみた感じでは、テレ端でも1/60秒で十分、ブレずに撮影
    できました。

    画質に関してはCCDが小さいですから、過度の期待はできませんが、
    RAWでの保存にも対応してるので、その点も良い印象です。

    昔で言えば、オリンパスのレンズ一体型一眼レフ「L-10」とか、
    そういった雰囲気を醸し出してるモデルですね。

    デジカメWatchのほうで、ちょうど試写記事が出ていたので、そちらも
    参考にされてみると良いかもしれません。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/03/14/5830.html

    高倍率で、しかもマクロにも強いですから、レンズをあれこれ後で
    揃えるのに抵抗がある方には、操作性もなかなかですし、十分
    オススメできる出来になっていると感じました。

    Filed under: Photo
    2007/03/14 9:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    macBSさん、こんにちわ

    確かにこの18倍ズームって、魅力的ですよね。短い方も28mm相当であれば、普通は十分ですし、また、明るさもF2.8あれば十分だと思います。運動会等で子供を撮るのも500mm相当あれば十分でしょうし。

    これで、CCDがせめてオリンパス得意のフォーサイズで、かつ、メモリカードがSDカードで、価格も現在と同じであれば、一眼レフカメラを買う人はいなくなるのではと思います。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    広角もしっかり28mmからですし、FZ1あたりを使っていた方は
    かなり惹かれるスペックなのではないかと。

    電源ON,OFF時のレンズの沈胴も、最近のコンパクトに比べれば
    のんびりしてますが、わりとすーっと動く感じでした。

    CCDの大型化については、このタイプのカメラでは鬼門でしょうね。
    大きくしてしまうと、レンズの方も巨大化してしまいますからねぇ。

    SDカードについては、私もぼちぼちオリンパスもxDを諦めてくれない
    ものかなぁと思っています。
    せめてフジのようなダブルスロットにしてほしいものですね。