• 276月

    もうすぐ発売のPENTAXのデジタル一眼レフ「K100D」ですが、これまで
    お世辞にも良い出来とは言えなかったメーカー標準のRAW現像ソフト
    「PENTAX PHOTO Laboratory」が3.0にバージョンアップしているそうです。

    B000FU6L1W PENTAX デジタル一眼レフカメラ K100D レンズキット DA 18-55mmF3.5-5.6AL付き
    ペンタックス 2006-07-30

    by G-Tools

    今回から市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」の現像エンジンが使われていて、
    現像の品質が向上しているとのこと。

    PanasonicのDMC-L1と言い、SILKYPIXを採用するメーカーが増えてますね。
    無駄な開発コストをかけるよりも、サードパーティから提供してもらう、というのは
    ユーザーにとっても良いことだと思います。

    使い勝手のほうは、実際使ってみないと、どれだけ良くなっているかは
    わかりませんが、既存の*istユーザーにも有償バージョンアップをしてくれる
    という噂もあるようで、*istユーザーも期待して良いかも。

    ただ、値段によっては素直にSILKYPIXを買ったほうが良いかもしれませんけど。(^^;

    いずれにせよ、K100Dのお買い得度は、私の中ではさらにアップした印象です。
    まぁ、当面、買い換えたりはしませんけどね。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/27 9:24 pm | PENTAX PHOTO Laboratory 3.0 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.