• 238月

    少し前にジャンクでゲットしたペンタックスのAF一眼レフ「MZ-5」の
    試し撮りネガが仕上がってきました。

    実画像サイズ 640 x 427 ( 93 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ジャンクでもほぼ最低ランクの価格でしたが、なんと電池付きで
    それだけで元が取れるというものでした。
    しかも、不具合は、この機種に良くあるストロボのポップアップが
    自前で上がりきらない、という点のみ。

    実画像サイズ 423 x 640 ( 48 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    AF機ですから、先日ゲットしたシグマの28mm F1.8を付けて、
    プログラムモードで撮れば、ラクチン撮影です。
    ジョブもこれなら、多少は撮影が楽になるというものです。
    それでも、そう簡単には良い表情はしてくれませんけどねぇ。

    実画像サイズ 424 x 640 ( 63 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    評価測光の精度も非常に良く、この辺りがやっぱり新しいモデルは
    楽だなぁと感じます。

    ただ、これまでに使ってきたAF機の中では、MFでの撮影も楽だし、
    持った時の感触もメカニカル機に負けない印象を受けたのは
    不思議でした。

    正直な話、EOSシリーズなどより、ずっと上質なフィーリングを
    感じましたです。

    これだけ感触が良いと、シャッタースピードが高速化されてたりする
    MZ-3も気になってきますね。


    PENTAX MZ-3 (シルバー)《中古カメラ》

    まぁ、ジャンク価格だからこそ、のゲットなわけで、基本的にはMF機が
    好きなんですけどね。

    他の作例も下のページに少しだけ置いてありますので、よろしければ
    ご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_mz5.htm

    Filed under: Photo
    2007/08/23 11:08 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    こんにちは、相変わらず暑い日が続きますね。

    MZ-5は結構使い易いんですね。この頃の機種にはほとんど興味が無く、
    スペックもほとんど把握していませんでした。今になって取説を読むと、
    使いようによっては様々な撮影が楽しめる機種だったんですね。

    ファインダーの見え味は如何でしょうか?

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    今日は多摩湖まで撮影に行ってきましたが、
    暑い上に駐車場に空きがなくて、不完全燃焼の撮影でした。

    MZ-5、それまでとはスタイルを変えて、ほぼ全ての操作を
    ダイヤル式にしているので、私のような古いカメラを
    扱う人間には、使いやすいみたいです。

    シャッタースピードが遅いのがやや弱点ですし、
    AEロックがないなど、欠点はあります。
    そのあたりはMZ-3なら、問題なし、でしょう。

    ファインダーはMFレンズでも十分ピント合わせができます。
    このあたりは*ist DSでもそうですが、PENTAXのスクリーンは
    ピントが合わせやすいです。

    動作音も静かですし、安く出ているのを見つけたら
    ゲットされても良い機種かと思います。