• 1011月

    Start MacがらみでMacネタが増えたとはいえ、やはりカメラ好きは
    止められません。(笑)
    というわけで、先日ゲットしたMINOLTAの銀塩一眼レフ「XG-1」の
    試し撮りが出来上がったので、掲載してみます。

    まず、タッチ式のシャッターボタンですが、ここの接触不良(?)で
    露出が不安定になることがありました。
    ただ、実際の撮影ではシャッタースピードの表示に気をつけていたので
    失敗は2枚ほどで済みました。

    で、まずはツワブキの花の写真から。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 56 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    先日のXG-Eとはほぼ同一機種のはずですが、実際には
    露出計の反応などが微妙に違って、こちらのほうがやや
    露出オーバー気味です。

    で、レンズも同じMC ROKKOR 50mm F1.7ですけれど、少しだけ
    シャープな印象になりますね。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 105 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    次の公園でのショットでは、XG-Eに似た感じの渋さがあります。
    カラーなんだけど、セピアな印象を受ける写真が撮れる気がします。
    まぁ、フィルムとの相性などもあるかもしれませんけどね。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 99 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    最後の写真は、秋、って感じで。
    もう少し渋さを期待したんですが、意外にシャープな感じに
    撮れちゃいました。

    ちなみに、このカメラで撮った中でベストな2枚は、紗羅を撮った1枚目と
    紗羅とジョブを撮った最後のコマでした。
    さすがに掲載するわけにはいかないですが、ポートレートに向いた
    肌色の発色をしてくれるおかげだと思います。

    おそらくXG-Eの出番が多いとは思いますが、こちらも予備として
    活躍してもらおうと考えてます。

    なお、他の作例も少しだけ、下のページに置いてありますので、
    そちらもよろしければどうぞ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_xg1.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/11/10 8:19 pm | MINOLTA XG-1、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.