• 219月

    ハードオフのジャンクかごにバッテリー・充電器なしのコニカの
    デジカメ「KD-400Z」が転がってたので、救出してきました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 30 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 320 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    たぶん動くだろうなぁと思いつつも、ドキドキしながらKD-500Zの
    電池を入れてみると、あっさり起動。
    ただ、バッテリーがないだけなんて、もったいないですねぇ。


    【充電器セット】
    KONICA DR-LB4互換バッテリー【1,000mAh】+充電器

    KD-500Zと色以外は、まるっきり同じです。
    画素数が少ない分、かえってノイズには強いかもしれませんね。

    ファームウェアも最新ではなかったので、メーカーサイトで
    配布されているもので最新にしておきました。
    いくぶん動作が軽快になった気がします。

    あと、シャッター音って、HEXAR RFの音をサンプリングしたもの
    なんですね。
    いやぁ、なかなか良い感じの音です。これならOnにしておいても
    良いかも。


    Konica HEXAR RF (前期)《中古カメラ》

    KD-500Zとの使い分けが難しいところではありますが、しばらく
    持ち歩いてみたいと思ってます。

    Filed under: Photo
    2007/09/21 10:12 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    シャッター音が HEXAR RF からのサンプリングとは知りませんでした。
    ウチの510Zも調べたら同じっぽいので…

    ONにしておきました(笑)

    しかし、コンデジなんだから HEXAR の音で色気など出さずに
    C35のシャッター音とかでも一部の人にはウケると思うんですけどねぇ(笑)

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    シャッター音、普通は一眼レフっぽい音が
    サンプリングされてる機種が多いので、ちょっと
    違うなぁと思ったら、HEXAR RFだったのでした。

    C35のシャッター音では、かなりマニアックすぎて
    ウケる層が限られそうですよ。(笑)
    オプションで初代C35とFD、AFなどが選べたりしたら
    面白いかもしれませんが。

    KD-400Z、試し撮りもしてきたので、良い写真が
    あれば、後で載せようかなと思ってます。