• 296月

    もうすぐ発売のオリンパスのデジタル一眼レフ「E-510」ですが、
    ここに来て、ひとつ弱点(?)を見つけてしまいました。


    OLYMPUS (オリンパス) デジタル一眼レフ E-410ボディ

    この機種はオリンパスのDSLRでは初の手ぶれ補正が特徴で、
    既存のフォーサーズのレンズでは全て手ぶれ補正が有効です。

    しかし、キャンペーンでも配布されているOMアダプタ経由で
    OMレンズを装着した場合は、この最大の特徴である手ぶれ補正が
    使えないらしいのです。

    個人的に、このアダプタがキャンペーンでもらえるなら、ちょっと
    購入候補になるかもなぁ、と思っていたので、これはかなり残念。

    PENTAXの場合は、レンズの焦点距離を手入力するなどすれば
    M42レンズなどでも手ぶれ補正が可能なだけに、オリンパスにも
    ぜひ、これに近い対応を取ってほしいですねぇ。
    ファームウェアのバージョンアップとかで、可能にならないかなぁ。

    ただ、OMレンズを装着すると、焦点距離が実質2倍になるので、
    28mmでも実質56mmと、実用性にはやや疑問はありますけどね。

    ともあれ、ノイズもかなり改善されているなど、期待が大きいだけに
    ちょっぴり残念なポイントなのでした。

    Filed under: Photo
    2007/06/29 11:45 pm | E-510、手ぶれ補正に制限あり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.