• 1211月

    COSINAの銀塩一眼レフ「CT-4」の試し撮りが終わったので、
    仕上がり具合を載せてみます。

    まずは、いっしょに付いてきたPENTAXのレンズ50mm F1.4の
    描写から。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 49 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    かなり明るかったので、2段くらい絞り込んでますが、まだソフトな
    感じが残ってますね。
    やはりカビが少し残ってるのが影響してるのかもしれません。

    ただ、このソフトフォーカスな感じも雰囲気があって良い気も
    しますけどね。

    比較も兼ねて、COSINAの200mmにクローズアップレンズを付けて
    撮ってみた写真も載せてみましょう。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 54 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    こちらはぐっとシャープで、色乗りも良すぎるくらい良いです。
    急遽、思いついて撮ったので、手持ちだったんですが、F4なら
    晴天下なら、なんとか大丈夫みたいです。
    ただ、ピント位置は思ってたよりも、ちょっと後ろに行ってますけれど。(^^;

    そして、最後は夜の銀座のスナップから。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 57 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    SMC 50mm F1.4の開放絞りでの描写ですが、ソフトですが、ハロも
    うるさすぎず、おだやかな印象に仕上がってます。
    コントラストがもう少し高くても良いですが、まぁそこはスキャンや
    紙焼きの際に、なんとでも調整が利きますものね。

    あと、肝心のカメラのほうは、特に可も不可もなく、って感じです。
    なんとなくファインダーで見たよりも後ピンになる傾向がある気が
    しますが、正確にチェックしてないし、ファインダースクリーンが交換
    できるわけでもないので、気のせいだと思います。

    なお、他の作例も、下のページに掲載してありますので、よろしければ
    ご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_ct4.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/11/12 3:22 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    あ、ピントずれ?はミラーの停止位置がずれるとピントも少しずれます。
    まあ、スイングバックするかしないか、ミラーボックスの中のストッパーが
    へたるか若しくはへたらない構造かによっても、当然違いますが・・・。

    作例の写真は、カビのせいで迷光が増えている可能性も在りますよね。夜景の
    写真でそんな雰囲気を感じます。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    なるほど、ミラーのずれという可能性もありますね。
    今確認してみたら、スイングバックはありませんし、
    ずれてる様子もないようではあります。

    まあ、F1.4だと被写界深度が浅いですから、
    マイクロプリズムをしっかり見ないとダメなだけかもしれません。

    中玉のカビの影響は、どうもあるみたいですねぇ。
    なんとか取ろうと、たった今、再挑戦してみたのですが、
    後ろからのアプローチではどうにもならないようです。
    前の飾りリングが屈強に取れないんですよねぇ。

    まぁ、クセ玉として、楽しませてもらおうと思います。