• 036月

    冷蔵庫から眠っていたリバーサルフィルムが一本だけ出てきたので
    コンタックスの一眼レフ「RTS」に詰めて、撮ってみました。

    今回は比較的出番の少ないSonnar 135mm F2.8を多めに使って
    みました。

    実画像サイズ 640 x 410 ( 36 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    最短撮影距離はそんなに短くはありませんが、後ろのボケ方
    などが良い感じですから、花なども撮りやすかったです。
    六角形のボケは、ちょっとうるさい感じもしますけれど。

    実画像サイズ 640 x 417 ( 39 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    こういうショーウィンドウの小物のアップも、あまり近づくと自分の
    影が写り込んだりするので、中望遠が意外に役立ちました。

    それにしても、Twitterにも書きましたが、リバーサルの色合いって
    スキャナだと、なかなか再現できないですねぇ。
    フィルムでは素晴らしい発色なのですが、スキャンすると色あせた
    感じになってしまいます。

    RTSのほうは、大体、アンダー目に出る傾向があるので、リバーサル
    との相性は良いようです。
    まぁ、元々は高級機ですし、そのあたりはしっかりしてるみたいですね。

    あと、DSB 28mm F2.8でも、何枚か撮りました。

    実画像サイズ 640 x 402 ( 45 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ただ、開放近くでは、周辺減光も激しいですし、カラーバランスも
    なんだか変な感じで、イマイチ実力を出し切れませんでした。
    やはり、ML系かDistagonが欲しくなるところですねぇ。


    《中古》ヤシカ ML 28mm F2.8


    《中古》CONTAX Distagon T* 28mm F2.8 AE

    他の作例も下のRTSのページに追加しておきましたので、よろしければ
    ご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_rts.htm

    Filed under: Photo
    2007/06/03 8:40 pm | CONTAX RTSでリバーサル はコメントを受け付けていません

Comments are closed.