• 126月

    Nikon D300は、ほとんどAFレンズを使うことがなく、おのずとMFの単焦点
    ばかり使っています。

    普段は広角から標準くらいを使うことが多いのですが、久々に135mmを
    持ち歩いてみました。

    空に映えて
    空に映えて posted by (C)MacBS

    APSだと、200mm相当と意外と使いやすいです。
    ただ、最近は135mmっていうレンズは、ほとんどないんですね。
    望遠ズームの中間域という位置付けになってしまうんでしょうか。

    束の間の楽園
    束の間の楽園 posted by (C)MacBS

    中古でもお値段が安くなってることが多いですものね。


    フォクトレンダー スーパーダイナレックス 4/135Voigtlander Super-Dynarex 4/135

    考えてみると、このあたりの焦点域は85、100、105、135と、Nikkorだけでも
    ずらりと持ってます。

    疾歩
    疾歩 posted by (C)MacBS

    使ったのはNikkor 135mm F2.8ですが、F3.5のほうが多少コンパクトだし、
    今度はそちらを持ち出してみようかな。

    Filed under: Photo
    2009/06/12 10:05 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBsさん、こんにちわ

    大昔は、まずは、標準レンズ付の一眼レフを買って、それから、35mm及び135mmの交換レンズを買って、それで、一通り、揃ったと言う感じでしたが、現在は、標準ズーム付あるいは2本のズームレンズ付を入手して、それで撮影と言う人がほとんどでしょうね。

    私の場合、デジ一眼レフ時代になり、CCDゴミ問題から、以前よりレンズ交換はしなくなりました。勿論、高倍率ズームレンズを使用しているということもありますが。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    昔は135mmが程よい望遠だったのでしょう。
    APSだと200mm相当ですが、最短撮影距離がそこそこなので、
    使い勝手はなかなかです。

    ダブルズームの次に、マクロや50mm、35mmあたりの
    単焦点を購入される方は増えているような気がします。
    ただ、135mmは製品としてラインアップされてませんからねぇ。

    CCDのゴミはD70ではかなり気になっていましたが、
    D300やα700では、ほとんど気になりません。
    一応、ダストリダクションが効いているようです。