• 1011月

    中古カメラをゲットしてきた際、昔のカメラというのは意外に
    単純で直感的に分かるものが多いですが、電池の入れ方とか
    ボタンの意味など、わからないこともたまにあります。

    ネットで調べて解決することもありますけど、やはり一番良いのは
    マニュアルが手に入ることですね。

    メーカーのほうでも、そのあたりは結構柔軟に対応してくれていて、
    ニコンは現行機種のものがダウンロードできますし、
    古いものは1部700円で購入できるようになっています。

    ほかにもPENTAX京セラコニカミノルタなどが積極的に
    ダウンロード配布してくれていて、助かります。

    あと、お店だと「カメラのきむら」の新宿店が常時、Nikonを中心に
    かなりの数のマニュアルを販売してくれていて便利です。

    かなりグレーなところでは、海外で無断(?)配布してるサイトなども
    ありますね。

    そして、マニュアルだけでなく、カメラの素敵な壁紙を配布して
    くれてるのが、オリンパスです。
    オリンパス カメラ壁紙ライブラリ
    http://www.olympus.co.jp/jp/fun/wallpaper/camera/

    最新の機種よりもむしろOMシリーズやPENなどが充実していて、
    古いカメラが好きな人には、たまらないラインアップです。
    私も早速、最近愛用中の「OM-2N」を壁紙にしてみました。

    探せば他にもあるかもしれませんので、お持ちの機種で探して
    みると面白いかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/11/10 2:21 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • skyhigh Says:

    私は、古いDVDレコーダー(当時20万近くしたもの)をオークションで買いましたが、やっぱり説明書、マニュアル類がなくてメーカーからダウンロードしてプリントアウトしました。
    ただその枚数の多い事多い事ったらありませんでした。
    でもほんとうに便利になりましたね。

  • MacBS Says:

    skyhighさん、コメントありがとうございます。

    カメラだけじゃなく、そういえば家電製品も最近は
    ダウンロード配布してるものが多いですね。

    私も、古いBSデジタルチューナーの説明書がどこに行ったのか
    わからなくなって、ネットで検索して操作方法を調べてたら、
    なんのことはなく、メーカーサイトに説明書のPDFが
    置いてあって、びっくりしたことがあります。

    ただ、逆に製品にも紙の説明書を添付せず、
    PDFとかだけで済ますのは、ちょっと困ることも多いですね。
    せめて10ページ程度の入門編ぐらいは紙で欲しい気がします。

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    インターネット上のものはいつ無くなってもおかしくないので、古いカメラの使用説明書は、もしかして使うかもしれないとのことで、見つけ次第、ダウンロードしています。

    まあ、古いカメラは説明書がなくても使い方はだいたいわかるので、なくてもどうにかなることは多いのですが。私はコニカのカメラが好きで、多分、upしてあるのは全部、ダウンロードしていると思います。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    インターネット上のもの、テキスト程度ならキャッシュや
    アーカイブサイトで見つけ出せますが、PDFなどは
    なくなったらおしまいですものね。
    私も必要なものはダウンロードして、保管してあります。

    カメラもNikon F4とか、それ以降くらいになると、
    機能が複雑でわかりづらくなりましたね。

    電池とか最低限の情報は、自分のカメラのページにも
    まとめて記載しておくことでメモ代わりにしてます。