• 096月

    モノクロの画像の場合、グレースケールで保存してしまうと、
    カラープロファイルが付かず、自分の環境でイメージした通りに
    伝えるのが、なかなか難しくなります。

    ということで、カラーで保存するついでに、印画する気分で少し
    色を乗せたり、軽い焼き込みや覆い焼きみたいなことをして
    みました。

    実画像サイズ 431 x 640 ( 33 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ちなみに、以前掲載したモノクロのままの画像は、下のような
    感じでした。

    実画像サイズ 431 x 640 ( 33 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    こうやって印画するつもりで仕上げて載せれば、ディスプレイの
    環境は違いはあるものの、少しはイメージが伝えられる気がします。

    ちなみに、カラープロファイルが有効なWebブラウザはまだまだ
    少なくて、MacのSafariが一番正確に再現してくれるようです。

    なるべく色んな環境で見てもらっても大丈夫なようにPhotoshopの
    「Web用に保存」を使っていますが、それでも思ったように伝えるのは
    難しいですね。

    Filed under: Photo
    2007/06/09 8:35 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    ども、こんにちは。

    全体に温黒調にされたんですよね。焼き込んだのは右側でしょうか。
    でもウェブ上でなるべく正確な色を再現しようとするのは、大変なんですね。

    MacBookのディスプレイが少しは安定したのかもしれません。カラー補正を
    やり直したところ、最初とはだいぶズレが出ました。CINEMA HD Display
    ほどではないですが、だいぶ見易くなりました。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    温黒調にしたのは、ディスプレイのデフォルトの色温度は
    大抵高めなので、それを加味して調整しました。

    PCの場合、ブラウザでカラープロファイル対応のものが
    ほぼないに等しいですからね。
    Adobe RGBで保存されたファイルなど、悲惨な表示に
    なってしまいます。

    CINEMA HD Displayは別格にしても、Macは
    色管理しやすい環境だと思います。
    それでも、CRTと比べると、液晶はまだまだだなぁと
    思うところもありますけれど。

    省電力&省スペースのためにも、液晶にしたいところですが、
    そういう理由もあって、最終確認用のCRTが捨て去れません。