• 227月

    今月発売のカメラ本ですが、今回は「写真工業」を購入しました。

    B000SQLI7U 写真工業 2007年 08月号 [雑誌]
    写真工業出版社 2007-07-20

    by G-Tools

    毎月一冊に絞ってるんですが、大体、写真工業か日本カメラに
    なることが多いですね。
    これも駐車場代が無料になるように、という購入なのでした。(^^;

    今回の特集は「低輝度撮影攻略法」ということで、手ぶれ補正や
    高感度フィルム、大口径レンズを扱っています。

    前者2つはデジタルカメラの世界でも多用されていますが、
    明るいレンズにこだわったデジカメはまだ登場していませんねぇ。
    まぁ、コストに一番影響がある部分なので、難しいのでしょうが、
    せめてF1.8クラスのレンズを搭載したら、良いのに、と思います。

    最近はデジタル一眼レフの世界でも、あまり明るいレンズは
    話題になりませんね。
    PENTAXなら、古いMFレンズも使いやすいし、標準レンズなら
    結構安いので、一本くらいは持っておくと良いかも。


    《中古》PENTAX SMC-M 50mm F1.4

    ほんの少し暗めですが、Aレンズだと、さらにデジタル一眼との
    相性も良いし、コンパクトなので、私も愛用しています。


    《中古》PENTAX SMC-A 50mm F2

    この時代だからこそ、F0.9とか、そういうレンズに挑戦してくれる
    メーカーが出てくれると面白いのですけどね。

    Filed under: Photo
    2007/07/22 7:42 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    写真工業、先日、図書館で読みました。私はスライドの退色に関しての記事、興味深く読みました。私も大量にスライドを持っていますが、確かに、かなり退色しているようです。しかしながら、スキャナーで読み込んで、後はソフトでかなり元の状態に戻せそうな話だったので、安心しました。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    MacBSさん、こんにちわ

    写真の退色については、スキャナのオプションでも
    簡易的な補正が可能ですし、Photoshopなどを使いこなせば
    かなりキレイに補正できると思います。

    私も黄変してしまったカラー写真をかなり元に
    戻してあげたことがあります。

    やってみると意外に簡単です。
    むしろ、露出を大幅にミスったネガの補正のほうが
    難しいくらいかもしれません。(笑)