• 1810月

    本屋さんで「プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則」
    という本を見つけました。(題名が長いなぁ。)

    4844358243 プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則
    MdN 2005-10-18

    by G-Tools

    主にPhotoshopを用いての画像レタッチのテクニックをまとめた一冊です。
    タイトルを見るとプロ用という感じですけど、デジカメで写真を加工する
    人なら、アマチュアでも十分実用になる内容だと思います。

    全体的には領域選択とトーンカーブを組み合わせたテクニックが目立った
    気がします。

    白飛びしやすいデジカメでは、どうしても露出不足気味にしがちで、
    暗部がはっきりしない絵になりがちです。
    こういう時はトーンカーブで、見栄えの良い絵にするテクニックは、とても
    役立ちますよね。

    コントラストを高める「S字補正」と、その逆の「逆S字補正」くらいは
    知っておいて損はないかも。

    コーミンさんのフォトレタッチ教室あたりをご覧になると、基本的なテクニックが
    わかって、お勉強になりますよ。
    http://komin1.cool.ne.jp/retouch/retouch.htm

    また、余談ですが、コーミンさんのページには、D70,D100が露出アンダー
    気味になりやすい点について、カスタムカーブで階調補正する方法を解説
    された内容もあって、こちらも該当ユーザーの方には、ご参考になるかと。
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~komin/nihongo.htm

    Filed under: Photo
    2005/10/18 11:06 pm | プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.