• 065月

    連休も終盤で、かなりネタ切れになってきましたので、我が家の
    多すぎる単体露出計の中から、ひとつご紹介を。

    ミノルタのオートメーター・プロフェッショナルです。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 53 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1250 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    入射式でも反射式でもアダプタを取り替えるだけで対応できる
    便利設計なのですが、セコニックさんと違って、マニュアルが公開
    されていません。

    ただ、海外で公開しているサイトがあったので、そこを参考に操作を
    理解しました。

    ちょっと操作が独特なので、マニュアルなしだと、つらいです。
    上の写真は反射式のアダプタを付けていますが、この時は
    スポットメーターと同じく、ファインダーを覗いてトリガーを引くと、
    丸い枠の中を測光する感じです。

    ただ、CdSの劣化のためか、多少誤差が出てきています。
    そこは入射式と反射式の切換つまみのところで、中間辺りに
    しておいて、調整してあります。
    もちろん、ISOで調整しても良いんでしょうけれど。

    電池も4LR44を使いますし、今の時代となっては扱いやすいとは
    いえないモデルですね。

    ただ、トリガーを離した後も露出値がキープされてくれるのは
    結構便利だったりします。

    さすがにスポットメーターFがあるので、出番は少ないと思いますが、
    もう少し広い範囲でスポット測光したい時には使うかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2008/05/06 10:34 pm | MINOLTA AUTO METER professional はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.