• 026月

    以前も何度か同じ手法(?)を使ってきましたが、今回もNikon D70の
    マウント部に、レンズをただ押しつけただけでの撮影で、ライカの
    レンズ「ズミクロンR 50mm F2」をテストしてみました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 36 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出補正値 0.0
    全 Exif 情報表示…


    ピントがある部分からしばらくは芯があってシャープなのに
    被写界深度を外れると、急に柔らかくなってる印象です。

    下のシグマの50mm F2.8 MACRO EX DGと比べると、差が分かるかと
    思います。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 35 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/60 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    シグマのほうはF値ではこちらのほうが被写界深度が深いはず
    ですが、ピントの合う範囲は狭いように感じます。
    逆に、ある程度、外れてもボケが激しくはないように思います。

    差は微妙ではありますが、こんなテストでもレンズの差を感じられる
    というのは、ある意味すごいかもしれません。
    フィルムでのテストが楽しみになってきました。

    Filed under: Photo
    2007/06/02 6:12 pm | ズミクロンを無理矢理テスト はコメントを受け付けていません

Comments are closed.