• 261月

    これまでも明るいレンズは何本かゲットしてきましたが、
    ファインダーの見えやボケ具合など、こればかりはクセになってしまう
    魔力があります。

    特にF1.2になると、F1.4とほんの少ししか変わらないはずなのですが、
    ぐっと違った印象を与えてくれるレンズが増える気がします。

    ネットでもいくつか出回ってるようなので、紹介してみようかと。
    まずは、PENTAXで使えるKマウントのリケノンです。


    【送料無料!】《中古良品》RICOH XRリケノン 55mm F1.2

    M42は富岡光学製ですが、こちらはコシナのOEMみたいです。
    コシナといえば、レンジファインダー用の35mmも貴重な存在かと。


    《新品》Voigtlander VM Nokton 35mmF1.2 Aspherical

    レンジファインダーですから、ボケ味をファインダーで楽しむことは
    できませんが、ピント合わせの精度が良い機種で楽しめば、
    開放から遊べそうです。

    一番ユーザーが多そうなEOSだって、もちろんF1.2やF1.0などが
    いっぱいあります。
    さすがにF1.0は高いですから、85mmあたりがオススメかな。


    【送料無料!】《中古良上品》Canon EF85mm F1.2L USM

    どれも光学特性だけでいえば、無理をしすぎている部分は否めないの
    ですけれど、何故か、多少クセのある描写が愛おしくなるものです。

    デジタルでも十分楽しめるレンズだと思いますし、フルサイズにも
    もちろんしっかり対応していますので、こうしたレンズに投資してみるのも
    良いのではないでしょうか。

    Filed under: Photo
    2009/01/26 12:29 pm | まだまだ欲しい明るいレンズ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.