• 251月

    ミノルタのAF一眼レフ「α-7700i」の試し撮りが終わって、現像が
    出来上がりました。

    前回、303siでは使ってなかったシグマの望遠ズーム「70-210mm
    F4-5.6」を、今回は使うことにしました。
    といっても、ほとんどは70mm側を使うことが多かったですけれど。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 73 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    シグマらしいシャープな描写をしてくれました。
    カメラのほうの的確な露出精度のおかげもあると思いますけどね。

    実画像サイズ 640 x 425 ( 64 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    望遠側を使って、クローズアップな写真も撮れて、なかなか使い勝手が
    良いレンズです。
    7700iは重いので、レンズと合わせると結構な重さですが、バランスが
    良いので、扱いやすかったです。

    実画像サイズ 640 x 457 ( 70 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ただ、丸形フードでは逆光で、上のようにハレーションが出てしまいました。
    このあたりはレンズコートなどが弱いせいもあるのでしょうかね?

    あと、カメラ本体は撮影自体には全く支障がないのですが、電源をオフに
    していても、何故かAF補助光が点灯したままの時があります。
    そのせいで、電池の減りが早くなってしまうのは問題ですねぇ。

    レンズとの重量バランスを考えなければ、扱いやすさでは303siのほうが
    上かもしれません。

    他の写真もあと少し下のページに置いてありますので、よろしければ
    ご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_a7700i.htm

    Filed under: Photo
    2007/01/25 7:44 pm | α-7700i、現像上がり はコメントを受け付けていません

Comments are closed.