• 2010月

    Office for Macの最新版2011ももうすぐ発売ですが、クラウドベースでOfficeが使える「Office 365」が来年始まるようで。

    WebブラウザからOffice Web AppsやExchange Online、SharePoint Online、Lync Onlineが使えるんだとか。
    Office Web Apps自体はすでに提供されてますが、個別にサーバを用意する必要がないというわけですね。

    なお、現状のOffice Web Appsで利用できるのはWordとExcel、PowerPoint、それにOneNoteの4つだけです。
    普通はこれで十分でしょうけど、Accessが使えたりVBAが動いたりすると、さらに面白そうなんですけどねぇ。

    動作環境もOffice Web Appsに準拠するようで、WindowsだけでなくMacもサポートし、ブラウザもIE、Safari、Firefox、Chromeをサポートしてるそうです。
    場合によれば、これがあればMac版のOfficeは要らないというケースもありそうかも。

    ただ、当面は個人向けではなく、小規模オフィスなどがターゲットのようです。
    small business(25〜50人以下)だと一人当たり600円/月だそうです。
    enterprisesのほうはデスクトップ版Officeも付いたバージョンもあるようですが、それだと1人当たり2540円/月だから、かなり割高ですねぇ。

    ちなみに、私は開発用をBizSpark、実務のほうはAction Packを使ってます。
    Action Packは10ユーザー分のOSやOfficeで37800円/年ですから、こちらのほうが割安感はありますねぇ。
    もちろん、条件がいろいろあるので一概には言えませんけど…。

    まずはベータテストから始まるようなので、とりあえずベータテスターに申し込んでおきました。
    良さそうなら、BizSparkのライセンスでOffice Web Appsを自前サーバに入れて試してみるのも面白いかもしれません。

    Filed under: PC
    2010/10/20 7:24 pm | Office 365 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.