• 317月

    MS-DOS誕生から30年になるというニュースを見かけ、もうそんなに経ったのかと懐かしくなったので、取り上げてみます。

    厳密にはMS-DOSリリースからではなく、1981年7月27日に、MicrosoftがQDOSの開発元、Seattle Computer Productsから買い取ったタイミングを言ってるようです。
    私が初めて使ったのはPC-9801用の2.11あたりからかな。
    いちばんよく使ったのは3.1くらいで、CONFIG.SYSとかよく書き換えてたものです。
    NEC版の3.3はエプソンの互換機チェックが入ってたりしたのを思い出します。
    少し前に雑談でMS-DOSの話になったことがあったんですが、最近の若い子だと、ファイル名が8文字+拡張子3文字しか使えなかったというのを知らないようです。

    ちなみに、Windows登場も1985年と、もうずいぶん経ちます。
    大学の頃、Windows 2.0を試してみたことがありましたが、EMSを使ってなんとか実用になる感じでした。
    あの頃、EMSボードを出してたのが今のBUFFALO(当時はメルコ)やIOデータだったんです。
    当時のメーカーで消えたものも多数ありますが、この2社はまだまだ頑張ってますね。

    Filed under: PC
    2011/07/31 8:00 pm | 5 Comments

5 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    最初に使い始めたのは、日立ベーシックマスターでした。
    それから続くのですけど、MS-DOSも懐かしいです。
    起動プログラムのCONFIG.SYSも書き直したりもしたけど、、。一枚のフロッピーに、日本語も入って今から見れば軽いですよね。

    MacのOSも最初に使ったのは、漢字talk以前の6.0.7ですから、ずいぶんと使い続けています。

  • SKY ONE Says:

    片付けしてたらMS-DOS出てきました
    勿体ないから取っておいたけど、今更FDなんて使い道ないので捨てました。

  • SKY ONE Says:

    そういえば、PC-8001の時はOSのバグ対応はROMの買い換えでした。
    今はそんな店アキバでは見かけなくなりました

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    フロッピーに収めるのにDietとかLZEXEなどを使ったりしたのも思い出します。
    メモリもディスクも少なかったですが、それだけに全体像は把握しやすかったですね。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    MSDNではまだMS-DOS 6.2が入手可能だったりします。
    まだ一部にはニーズがあるんでしょうね。

    MZはクリーンコンピュータだったんで、ROMはほとんどなかったですね。
    クイックディスクはもう手に入りそうにありませんが。