• 147月

    拙作のXP/Vista用のプログラムランチャー「MBLaunch」を2.11に
    久々のバージョンアップをしました。

    今回はメールで要望のあった、起動オプションをダブル
    クォーテーションで囲った際に、保存するとそれが取れてしまうという
    問題に対処しました。

    MBLaunchの場合、レジストリを使わない、というポリシーがあるので、
    アプリの登録情報は全てIniファイルで管理しています。

    で、このIniファイルの読み込み関数が先頭と最後に付いている
    ダブルクォーテーションを「ご丁寧に」取ってくれちゃうんですねぇ。

    ってことで、付ける必要がある場合は「二つ重ね」で付けるように
    して回避してみました。

    まぁ、起動オプションに空白を含むファイル名を指定するケース
    以外では、あまり発生しない事例かとは思います。

    こういうケースなら、起動オプションに指定するより、実行ファイル名に
    データファイルを指定して、関連付け起動したほうが便利かも
    しれませんし。

    ともあれ、久々のバージョンアップですので、よろしければぜひ
    お試しくださいませ。

    Filed under: PC
    2008/07/14 9:51 pm | MBLaunch 2.11 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.