• 062月

    USB-DACやDDCにおいてはUSBの電源ラインの品質が気になるケースが結構あり、それに関連する製品も結構出ています。

    電源を別供給する「BusPower-Pro」やそもそも電源ラインを結線しないUSBケーブル「WD-USB-ORPHEUS2」といった辺りが有名ですが、やはりどうしても高くなるんですよねぇ。
    以前はバスパワー機器の電源強化のためにBUFFALOの「UC-BST」といったオーディオ以外の機器もあったんですけど、すでに生産終了となっています。

    そこで、それに代わる民生機材がないかと調べていて見つけたのがIODATAの「USB-ACADP5」です。
    USBの延長ケーブルのような形ですが、付属のACアダプタを繋ぐことができるようになっていて、ここから電力を供給するものです。
    ある意味、セルフパワーのUSBハブのような感じですが、ACアダプタの部分を高品位なものにすれば音質強化に使えそうです。

    同様の製品にBUFFALOの「AC-DC5PSC」もありますが、こちらは端子がmini-USBオスになってるのに対して、IODATAのほうはUSBメスになってるので汎用性が高いかと。
    また、USB3.0でも使えるとのことで、オーディオ用途以外でも結構使える機器かと。

    あと、こちらは実際に使ってる方を見つけられなかったのですが、iPadにUSB-DACを繋ぐようなケースでも使えるのではないかと。
    この場合、ACアダプタの代わりに5Vが供給できるポータブル電源を使うのも良さそうです。

    今使っているX-DDCはそもそも別にACアダプタを接続できるのでそちらのニーズではもう要らない感じですが、ただ、iPadで試すのはやってみたい気もしますから、コネクションキットとともに導入を検討してみようかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2013/02/06 12:00 pm | IODATA USB-ACADP5 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.