• 246月

    Acerから8インチのWindows8タブレット「Iconia W3-810」がもうすぐ発売だそうで。

    うちで唯一のWindows機はAcerのICONIA TAB W500なんですが、あれからするとずいぶんコンパクトになったものです。
    W500が初代iPadだとすれば今回のW3はiPad miniって感じですね。
    重さは500g強のようで、1kg近いW500からすると半分ですが、300gクラスのiPad miniからすればまだ重いですが。

    国内盤についてはまだあまり細かいスペックが出ていませんが、海外モデルと似たスペックだとすればAtom Z2760プロセッサで32GB/64GBのSSDといった感じらしいです。
    W500もかなり非力なCPUですが、Windows8がそこそこ軽いおかげで簡単な作業くらいなら実用できるレベルですからたぶん大丈夫でしょう。
    あと、8インチクラスのタブレットについてはMicrosoftがWindows RT同様にOfficeを添付してくる戦略を取るようですから、その分のコストメリットもありそうです。
    多少気になるとすれば解像度が1280x800pixelとW500と同じで、この解像度だとWindows8のスナップ機能(画面分割)が使えないんですけど、8インチなら切り替えて使うほうが良いかも。

    またお値段も気になりますが、6万円前後の予定だとか。
    Bluetoothキーボードは別売りだそうですし、SSDの容量もどちらかまだ分かりませんが、さきほどのOffice込みということを考えればそこそこかなぁ。
    サイズさえ気にしなければ、Surface Proのほうが性能的に見てお得感はありそうですけどね。

    Filed under: PC
    2013/06/24 12:00 pm | Iconia W3-810 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.