• 217月

    先日、唐突に「パソコン通信」のことを思い出しました。

    インターネット普及後の世代の方々は未経験だと思いますが、主に電話回線を
    使って、文字をやり取りするものが存在しました。

    ニフティサーブとか、「PC-VAN」などが有名でしたね。
    私もニフティはよくやっていて、FGALとかFSHARP、FCGAMEMあたりを
    よく眺めていましたね。
    フリーソフトを作り始めたのも、そうしたパソコン通信がきっかけでしたし。

    最初は300bps(300kじゃありません)のモデルで、それはもう遅かったです。
    その後、「2400bps MNP5」のモデムを買ったときは、とてもうれしかったのを
    思い出します。

    上記のような大手とは別に、「草の根BBS」というのもありました。
    どれも電話1回線だったり、夜だけ通信に使ったりするものでしたが、
    それでも掲示板などでのコミュニケーションが楽しかったのを思い出します。

    通信ソフトはWTERMを使ってたなぁ。
    あの当時、回線の遅さなどから、少しでも小さくして送りたくて生まれた
    LZHなどが今でも使われているのは、すごいなぁと思います。

    まぁ、ISHとかNAPLPSあたりは、さすがにもう見かけませんけどね。
    JPEGやMP3などは、まだまだ当時のパソコンでは処理しきれませんでしたが、
    ぼちぼちと基礎を固め始めていた時代です。

    その後、インターネットの黎明期もまだまだモデムは続いていましたね。
    テレホーダイなども懐かしい時代です。
    パケホーダイあたりも将来は「そんな時代があったなぁ」という時が来るのかも。

    別にオチも何もない話になってしまいましたが、あの頃はあの頃の楽しさが
    あったなぁと、懐かしく思い出したのでありました。

    Filed under: PC
    2009/07/21 9:25 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • biomax Says:

    懐かしいですねー。
    私は最初のモデムは確か1200だったような。
    Macだったので、 Jterm でつないで、ログ一括で落として、茄子、魔法のナイフ で切り分けて。あー懐かしい。
    たかだか15、6年前のことなのに。

  • MacBS Says:

    biomaxさん、コメントありがとうございます。

    オムロンのモデル、当時は2万円以上しましたよね。
    オートパイロットで巡回させてから、後で読んだりしていましたね。

    Macはリソースフォークの問題があったりして、
    色々面倒だった記憶があります。

    その後、雑誌にフロッピーの付録が付くようになって、
    「便利になったなぁ」とか思っていましたが、
    今ではDVDやBlu-Rayが付いていても、うれしくない時代になってしまいました。

    時代は変わっても、こうしてコメントをいただくのが
    うれしいことに変わりはありませんね。