• 012月

    久々のカメラ店のジャンクコーナーで、東芝のデジカメ「PDR-T10」を
    ワンコインで見つけたので、ゲットしてきました。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 62 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/40 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    タッチパネルになったカメラで、着せ替えもできるなど、最近でも
    トレンディー(微妙に死語)な感じですが、あまり人気は出なかった
    モデルです。

    この機種のタッチパネルは押せる場所が決まってますが、最近の
    タッチパネルは任意の場所がタッチできますから、フォーカス位置を
    指定したり、AEやらホワイトバランスなど、自在に操れるようで、
    ずいぶん進化しているみたいですけどね。


    パナソニック LUMIX DMC-FX550 《2月20日登場》

    今はTOSHIBA自体、デジカメからは撤退していますし、そういう意味では
    貴重な存在かも。

    動作のほうは全く問題なく、いくら200万画素とはいえ、ちょっとかわいそうな
    気もしますねぇ。
    38mmの単焦点というのも、今では貴重な存在かと思いますが。

    ファームウェアも最新にして、写りを確認しましたが、なかなか良い
    印象です。
    最近のタッチパネルのモデルの原点みたいな機種ですし、今後も
    大事に使ってあげようかと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2009/02/01 5:45 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    見た目だけなら、今流行のトイデジとして売れそう
    ちょっと出るのが早すぎましたか

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    今なら、確かに結構人気が出るかもしれませんね。
    方向性は間違っていないと思うんですが、
    いかんせん完成度のバランスが取れていない部分がありますから…。

    SANYO、CASIOあたりがそういったモデルを「復刻」してくれると
    面白いのかもしれないのですがねぇ。
    まぁ、ワンコインで中古がある時代ですから、
    今さら難しいのかもしれませんね。