• 156月

    いつものジャンクコーナーにオリンパスのコンパクト「μ7000」がレンズが飛び出したままの状態で置いてあったので、これまたいつものようにゲットしてきました。

    バッテリーを入れてみますが、その時点では液晶のロゴは出るものの、まったくレンズは動く様子がありません。
    この機種の前モデルのμ1060も持っているので、そのレンズの沈胴時の回転方向を見定め、電源投入時にちょっとだけ回転を補助してやると、見事に復活してくれました。
    この力加減はほんとに微妙で、ちょっとでも力を入れすぎると壊れちゃうんですけどね。

    μ1060との違いは1200万画素になったのとビューティーモードが追加され、デザインが角張った感じに変わったくらいかな。
    37-260mmと広角が弱いんですけど、7倍ズームというのは便利かな。
    ただ、xDピクチャーカードだったり、動画が弱いあたりは、1年ちょっと前のモデルですが、最新機種からは見劣りするかなぁ。

    以前は、いくら壊れていても200万画素、300万画素クラスのみがジャンクでしたが、最近は1000万画素オーバーの機種も結構見かけるようになりました。
    そもそも新品ですら、一万円そこそこで結構良い機種が並んでますしねぇ。

    とはいえ、普通に写真を撮る上では全く不自由のない機種ですし、先日のFX40やFinePix F60fdなどと撮り比べつつ、使っていきたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2010/06/15 9:58 pm | OLYMPUS μ7000 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.