• 133月

    今日、我が家にやってきたカメラは久々のクラシックカメラ、
    オリンパスのレンジファインダー機「OLYMPUS 35S」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 54 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 900 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    まだちょっときれいにしてあげられてないんですが、ご紹介。
    35Sの中でも、これは窓が2つの初期タイプのものになります。
    さらに、レンズによって3種類あるんですが、ゲットしたのはF2.8の
    モデルになります。

    1955年の発売ということですから、我が家でも一番古いカメラの
    記録を更新してくれましたね。
    ちなみに、これまでで一番古いのは、フォクトレンダーのVitomatic IIaで
    1958年です。

    もちろん、これだけ古いカメラですから、露出計などあるわけも
    ありません。
    でも、それはPEN Fも同じですし、連動距離計があるので実用には
    十分です。

    ただ、外観もさることながら、シャッターユニットがちょっとガタが来て
    いまして、最初は1/500秒で幕が開かなかったり、1秒やバルブで幕が
    閉じない状態でした。

    で、分解したのは良いのですが、これがなかなか難しくて…。(^^;
    気付いたら、こんな時間というわけでした。(笑)

    少しだけ注油してバネの掛かりを直して、とりあえずの修理は完了。
    スローガバナーの調子はまだ今一歩なので、1/2~1秒あたりはまだ
    粘りますが、実用ではほとんど使う可能性はないので、良しとしましょう。

    あと、何故かバルブが1/25秒くらいになっちゃったのはなんでだろう?
    これもやっぱりスローガバナーがらみっぽいですねぇ。

    まぁ、主に使いそうな1/500秒がそれっぽい動作をしてますし、絞りは
    プリセットなので、とりあえず一本、試し撮りしちゃっても大丈夫かなぁと。
    また露出計片手に、色々と撮ってみたいと思います。

    Filed under: OurCamera
    2007/03/13 10:45 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    おお、同じの持ってます(笑)
    ただウチのはレンズが曇ってて…

    この時代のオリレンズは曇りやすいんですよね~。
    感触は非常に良いカメラなので
    レンズを何とかして現役復帰させたい所です(涙

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    おお、同じのをお持ちですか!さすがです!

    このあたりのはレンズが曇りやすいという情報は
    事前に入手していました。

    幸い、今回のものは曇ってないようです。
    汚れはありましたが、うまく取り去れました。
    ただ、前玉の拭き傷が少しありますね。

    ちなみに最初はオリンパスワイドのほうを狙ってたのですが、
    思いのほか、35Sのほうが安かったので、こっちにしました。
    やっぱり距離計はあったほうが便利ですしね。