• 1912月

    先日ゲットしてきたカメラ3台の最後を飾るのは、キヤノンの
    往年のレンズシャッター機「CANONET QL19」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 84 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D300
    ISO 感度 / 露出補正値 2800 / 0.0
    露出時間/絞り 1/60 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    なにしろ、お値段がバカ安で、過去のカメラゲット価格の下限を更新
    しました。
    それでいて、しっかり革ケースまで付いているんですから、驚きです。

    ただ、それだけに状態は良くはなく、まずは電池室が液漏れで固着
    していました。
    ここは裏蓋をネジで外し、その後、バラバラになった電池蓋をボンドで
    接着し直せば、メーターも復活です。

    あとは距離計のミラーが縦に大きくずれていました。
    ここはファインダーの掃除も兼ねて、軍艦部を外して調整しましたが、
    本来は本体背面の丸ネジの部分からドライバを差し込んで調整できる
    はずです。

    最後はレンズのカビですが、これは程度はそんなにひどくなかったので、
    前玉あたりを少しだけ分解して、キレイにしました。

    カビがなかなか落ちづらかったんですが、こういう時に何故か
    メガネ用の安いレンズクリーナーが一番効くんですよね。

    というわけで、きっちり完動品になりました。
    出番が多いとはいえないかもしれませんが、大切に使ってあげたいと
    思います。

    Filed under: OurCamera
    2008/12/19 10:18 am | CANONET QL19 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.