• 046月

    シャッター幕がジャムってしまったライカフレックスですが、
    今日、早速、お店のほうに持って行きました。

    すると、どうやらリボンが切れてる可能性があるようで、預かりに
    なるとのこと。
    それでは、せっかくのカメラが楽しめませんし、ちゃんと修理されて
    帰ってくるかも、正直疑問です。

    ということで、同等品との交換をお願いしたら、お値段が大体
    釣り合えば、OKのとこと。
    ただ、渋谷中古カメラフェアに物が出ているせいもあって、お店では
    代替品を見つけられませんでした。

    仕方がないので、渋谷まで足を運んで、選んだのがトプコンの
    RE SUPER、いや、一応ベセラーブランドなので「SUPER D」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 41 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    本体にはしっかり「Beseler」の筆記体が踊ってるんですが、プリズムは
    普通のトプコンという、あべこべな組み合わせです。

    もちろん、「同等の代替品」ですから、こちらも露出計不動、プリズム
    腐食という代物ではありますが、なんといってもレンズが命ですからね。
    RE.トプコール 58mm F1.4は、ぜひ使ってみたかったレンズです。

    で、帰宅してから、プリズムを分解すると、やはりこれもいつものように
    モルトによる腐食でした。

    モルトは取り除いて、代わりにシルボン紙で角をガードして、
    プリズムは腐食をアルコールで落とした後、アルミテープで囲って
    完成です。
    とりあえず、それほど目立たなくなったので、これで十分でしょう。

    露出計は、なんと電池を入れ替えたら動作しております。(笑)
    ISO160にセットしてISO100ぐらいの振れ方みたいですが、十分
    参考にはなりそうです。

    あと、ファインダーの視度がずいぶん「+」寄りで見づらかったので、
    ニコン用の「-4.0D」をサイズが違うものの、両面テープで貼り付けて
    付けておきました。
    私は普段「-2.0D」くらいなので、元々、「+」寄りなんでしょうね。

    一応、早めにチェックしたほうが良いと思って、手持ちのカメラから
    フィルムを途中で巻き戻して、詰め替えて試し撮りはしたので、
    明日以降、現像に早めに出してみようと思います。
    本格的な試写はその後ですね。

    Filed under: OurCamera
    2007/06/04 11:01 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    このカメラ、一時期欲しかったものです。理由は、ペンタプリズムの所が格好が良かったからです。コシナの一眼レフがこれを真似た形でしたね。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    でっかいカメラですけど、持った感触はなかなか良いですよ。
    プリズムの形はちょっと変わってますよね。
    でも、内部のプリズムは、ごく普通のとがったものでした。
    スペース的には無駄があるので、あくまでもデザインに
    こだわったのでしょう。

    コシナのベッサフレックスのシルバーが似たデザインでしたね。
    コシナはトプコールもニコンマウントで復活させていたかと。

    とはいえ、やはり元祖のレンズが魅力的だったので、
    これにしました。
    ズミクロンに勝てるかどうかはわかりませんが、
    見た目の迫力はF1.2級で、かっこいいです。