• 243月

    さだまさしさんが5年ぶりとなるシングル「残春」を4/2にリリースされるそうで。

    最初、タイトルを見て「談春?」とボケて紗羅に言ってみたんですが、ちゃんと意味が通じました。
    そんなしょうもないことはともかくとして、今回のシングルは4/5公開の映画「サクラサク」の主題歌だとか。
    この「サクラサク」もさだまさしさん原作でして、「解夏」の中に掲載されているものですね。
    そういえば「桜散る」という受験生には禁句みたいな唄もありましたっけ。
    なお、5年前のシングルは「私は犬になりたい¥490」でありました。

    今回のは今どきらしく初回限定盤も用意されていて、付属DVDに映画と同じ田中光敏監督のミュージックビデオが収録されるそうです。
    本編CDのほうの収録曲は以下のとおりです。

    1.残春
    2.残春 (オリジナル・カラオケ)
    3.映画『サクラサク』メインテーマ
    4.映画『サクラサク』メインテーマ (終章)

    またどうでも良い話に逸れますけど、私がさださんのアルバムに初めて手を出したのは「夢供養」だったかと。
    アルバム自体は1979年のリリースですが、買ったのはたぶん中学一年の頃だったかと。
    その少し前にNHK-FMの「ひるの歌謡曲」で、さださんの特集があったのを父がエアチェックしてあって、それで興味が出たところだったんですよね。
    ちょうどそんなタイミングに、近所のレコード店のワゴンセールでミュージックカセットの処分をやっていて購入したという、なかなかに年代を感じさせる経緯なのであります。

    途中、「夢回帰線II」(1990年発売)くらいから一時期聴かなくなっていましたが、「すろうらいふすとーりー」(2003年発売)でまた再開していて、なんとも長いものだなと思います。
    ちなみに、シングルって実は(たぶん)一度も買ったことがないんですよね。
    これって、さださんもコンサートでよくネタにしてるので、さだファンの方は共感してもらえると思いますけど、最近はハイレゾ配信もあるから…と期待しておくことにしましょう。

    Filed under: Music
    2014/03/24 7:00 pm | 残春 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.