• 188月

    みんぽすさんにお借りしているシグマの標準単焦点レンズ「SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM」ですが、手持ちのミノルタの同じ50mm F1.4と撮り比べてみました。

    13917-604-285928

    上がシグマ、下がミノルタで撮影したものです。

    [SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM]

    [MINOLTA 50mm F1.4]

    写真はそれぞれプログラムAEで撮影し、LightroomでRAW現像しています。
    やはりレンズの特徴がしっかり出ている印象ですね。
    シグマは非常にシャープで発色が良く現代的なレンズですし、ミノルタはさすがに年代を感じるレンズ性能ではありますが、ボケ味は柔らかく、これはこれで使いこなし次第かという感じです。
    なお、以前感じたシグマのレンズで露出がオーバー気味になる点ですが、今回からは中央重点測光にしたこともあってか、そうした傾向は見受けられませんでした。

    さらにレンズ性能を体感するのは逆光など、レンズに厳しい条件での撮影です。

    [SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM]

    [MINOLTA 50mm F1.4]

    シグマのほうはごく普通に見た通りの映像を刻んでくれます。
    対してミノルタではもう破綻寸前でして、RAW現像でコントラストを上げたり、トーンを整えたりしないと使い物にならない状態でした。
    1985年あたりの発売で、デジタル対応でもなんでもないレンズではさすがに分が悪すぎるのでしょうけれど、これまでにいろんなレンズを使った経験からもしてもコントラストと発色の良さをどんな条件でもしっかり発揮できるのは、このシグマさんのレンズの性能の高さを物語っていると思います。

    あと、発色の傾向がなんとなくCarl Zeissに似ているような気もします。
    それもおそらく基本性能の高さゆえのものなのでしょう。
    見慣れた風景も美しく切り取ってくれますから、撮影も進むというものです。
    暑さと機材の重さを除けば、ですけどね。

    その重さですが、ミノルタのレンズは235gと、AFレンズとしてはかなり軽量なものです。
    対してシグマのほうは505gと、なかなかしっかりした重さで、カメラバッグにちょっと入れておこう、というのには少し大きいかな。
    もちろん、ミノルタはAFモーターはカメラ側のものを使っていますから、単純に比較はできませんが。

    今はズームレンズがどうしても主流ですし、ここは性能を維持しつつコンパクト(しかも廉価(にした50mm F1.8あたりもラインアップしてくれたら良いなぁ。
    もちろん、さらにハイスピードなF1.2などもあれば、標準レンズ好きな私としては、さらに楽しみが広がりますが、こっちは個人的な趣味に走りすぎですね。

    13917-604-285928
    Filed under: Mono Fellows
    2012/08/18 8:00 pm | SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM レビュー 比較編 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.