• 063月

    みんぽすさんからお借りしているマランツのネットワークプレーヤー「NA7004」ですが、いろんな音源でしっかり堪能させていただいています。

    13055-604-209449

    ということで、先日のiPod編に続いて、Bluetooth編です。
    音源はiPhoneも考えましたが、ここはiMacでやってみることにしました。
    パソコンとオーディオが離れているケースでもBluetoothなら配線不要ですし、NA7004もLANケーブルでつながなくても良いという取り回しの良さもありますしね。

    まずはMacでBluetoothのオーディオデバイスを設定します。
    Macの「Bluetoothデバイスの設定」を開き、Bluetooth設定アシスタントを起動します。

    その状態で、NA7004に付属するBluetoothユニットRX101の背面に付いているボタンを5秒以上長押しし、ボタンのランプが赤と青に点滅し始めたら、デバイスが検出されて設定完了です。

    これで音声デバイスにRX101を選べば、NA7004経由でMacのサウンドを楽しむことができます。
    Bluetoothを経由する関係か、音声が0.2秒くらい遅れますから、動画には向かないと思いますが、iTunesでの再生には便利ですね。

    ただ、iPod編の時にもちらっと書いたのですが、肝心の音質がかなりいまいちな印象です。
    調べてみると、BluetoothのA2DPでは音声データがコーデックで圧縮転送されているようです。
    とりわけ音源側(このケースだとMac側)のコーデックに音質も依存してしまう傾向があるみたいで、Snow Leopardのデフォルト設定が決して良い状態とはいえないんですね。

    それを解決する手段も見つけました。
    それによると、「~/Library/Preferences/com.apple.BluetoothAudioAgent.plist」の値を変更して、Bitpoolと呼ばれる転送データ量を変更してあげると良いようです。
    初期値はApple Bitpool Min (editable)が2、Apple Initial Bitpool (editable)が35となってるんですが、これをそれぞれ40にしてあげると、音質もかなり良くなりました。
    あくまでも私の聴感上の判断ですが。

    ただ、かなり裏技的な要素ですし、あまり上げすぎるとBluetoothの動作に影響を及ぼしたり、OSの動作がおかしくなったりと弊害もありそうなので、くれぐれも自己責任で実施してください。
    ただ、CPU負荷は値を変更しても、それほど変化がない様子です。

    ここまでやると、音質もそこそこ満足のいくものになりますが、それでもUSB直結にはかなわない部分がありますね。
    手軽さとのバーターということになりますが、上のような設定変更が手軽と呼べるか?を考えると、やや残念なところかも。
    もちろん、これはNA7004の責任ではなく、Mac側やBluetoothの規格上の問題ですが、いずれにせよ、圧縮転送だということを前提に考えておく必要はありそうです。

    13055-604-209449

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2011/03/06 9:00 am | Marantz NA7004 Bluetooth編 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.