• 135月

    みんぽすさんからお借りしたAPS専用超広角ズームレンズ
    SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM」を持って、屋上に上がって
    夕暮れを撮ってきました。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「; みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。
    本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
    レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
    (唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
    商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちらみんぽす

    日の入りの時間を調べると、19時4分くらいだったので、18時40分
    あたりから待機していました。
    今日は多少雲が出てたのもあってか、ちょっと早めのタイミングのほうが
    キレイでしたね。

    前回撮った写真を振り返ってみると、結構色収差が目立つものも
    あったので、今回は現像時に細かく収差補正をしました。
    Lightroom 3 Betaを使いましたが、以下のような設定で収差がほぼ
    目立たなくなりました。

    レッド/シアン : -31
    ブルー/イエロー : -2

    最近のレンズにしてはちょっと収差が多いほうかな。
    ただ、パープルフリンジは前回も含め、ほとんど目立ちません。

    20mm側のほうが10mmに比べると、少し描写力はアップする感じです。
    絞りはF8前後がいちばん描写が良くなる印象でした。

    少し時間が経過すると、あっという間に暗くなってきました。
    街にはぽちぼちと灯りがともり始めて、レンズにとっては非点収差が
    よく分かる環境になってきます。

    なにしろこれだけの広角で、しかもズームですから、コマ収差とか
    結構出るだろうなぁと思っていたのですが、色収差補正をしている
    おかげもあってか、かなり優秀な描写をしてくれました。
    先日は近接撮影で流れる感じがあったのですが、無限遠での描写は
    思った以上に良い感じがします。

    ただ、このレンズの良さはやっぱり超広角ですから、それを活かせる
    撮影ポイントは無限遠だと限られてしまうかと思います。
    そうなると、それなりに近接撮影することになりますし、結局、
    広角端を使うことが多い感じになります。
    そういう意味では10mm単焦点モデルもあったら良いかも。
    もちろん、急遽、普通に押さえたい時には30mm相当の画角が
    非常に有用なんですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2010/05/13 8:31 pm | 10-20mmで夕暮れを撮ってみました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.