• 051月

    音量を均一化し、リマスタリングを施してくれる、iTunes用の
    オーディオプラグイン「Volume Logic」というのものを見つけたので、
    早速、試用してみました。

    19.95ドルのシェアウェアになってますが、最大2週間は全機能を
    無制限で試すことができます。

    iTunesにもサウンドチェックという機能がありますけど、シャッフルで
    再生してると、結構、音量差があります。
    そうしたケースで、非常に有効なようです。

    単純にゲインコントロールしてるわけではなく、帯域分割して、より細かく
    ゲインコントロールをしてるみたいです。
    あと、Macだけでなく、Windowsにも対応してるのが、ちょっと珍しいかも。

    で、実際の音質ですが、私にはちょっと合わないみたい。
    当たり前なのかもしれませんが、DSP処理された感じの音になってしまいます。
    ちょっと聴く分には良いのですが、今は、スピーカーにAURATONEを使ってる
    せいもあって、かなり細かいところまで気になってしまうもので…。

    いわゆる、カーオーディオ的な「高音質」って感じですね。
    BOSEのQuietComfort2あたりも、似た傾向の音になってましたから、
    DSPしちゃうと、やっぱりこういう音になっちゃうんでしょうね。
    それが「お気に入り」な方には、「ぐっときちゃう」音になってるとも言えるかも。

    GenreをClassicalにして、Driveを最小、Bass Boostを最小にすれば、
    それなりに広いジャンルに対応できるとは思います。

    まぁ、試用は簡単にできますし、iTunesの音質や音量差に不満がある方は
    試してみると良いかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2006/01/05 8:29 pm | Volume Logic はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.