• 1211月

    先日、MacHeistのキャンペーンでゲットしたMac用のウィルス対策ソフト
    「ウィルスバリア X5」ですが、その後、なんとなくディスクアクセスが
    増えてる印象です。

    プロセスを眺めてみると、「virusbarrier」という名前のプロセスが
    最大で9個くらい、ずらりと並んでいます。
    ひとつあたり60MB弱なので、ひどいときはこれだけで500MBも
    メモリを消費していることになります。

    なんらかの理由で、だんだん増えるのかなぁと、Safariのアップデート
    ついでにOSを再起動してみましたが、起動直後でも、すでに5つ。
    アプリの起動数とは関係があるのかなぁと試しますが、これも直接は
    関係ないようです。

    ただ、アプリの起動・終了前後で増減することがありますから、
    各アプリのネットワーク使用の有無なども関係しているのかもしれません。
    いずれにせよ、ちょっとこのメモリ消費量は無視できないなぁ。

    CPU負荷は少ないですから、メモリさえ潤沢なら、それほど気にしなくても
    良いのですが、うちの世代のiMacは最大で3GBなので、ちょっと
    厳しいかなぁ。

    ちなみに、リアルタイムスキャンをオフにすると、上のメモリ消費は
    きれいさっぱり消えてなくなります。
    とはいえ、それじゃあ、片手落ちですからねぇ。
    まぁ、せっかくゲットしたので、しばらく様子を見てみたいと思います。

    B001797FCE ウイルスバリア X5
    インテゴジャパン 2008-04-24

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2009/11/12 1:10 pm | VirusBarrier X5でメモリ浪費!? はコメントを受け付けていません

Comments are closed.