• 252月

    Apple謹製のWebブラウザ「Safari」が4へのバージョンアップを控えて、
    パブリックベータが公開になっています。

    JavaScriptの高速化に重点が置かれていて、IE7のなんと30倍のスピードだとか。
    確かに試用してみると、かなり高速になっている印象はあります。
    ただ、Google Chromeとの比較だと、さほど違う感じは少ないかもしれません。

    あと、メモリ消費が多い点は相変わらずかなぁというところです。
    iPhoneのSafariはだいぶ安定してメモリ消費が抑えられているので、あの技術を
    フィードバックできないものかなぁと思ってみたり…。

    まだ英語版だけではありますが、Webサイトの表示はとりあえず、ほぼ問題ない
    みたいです。
    とりあえず、私はWindows版だけ試用して、Macはもう少し様子を見ようかなぁと
    思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2009/02/25 2:38 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • こじろう Says:

    MacBookに入れてみましたが結構早くなった印象でした。

  • MacBS Says:

    こじろうさん、コメントありがとうございます。

    スピードアップは結構体感できる印象ですね。

    ただ、メモリ消費がやや多いので、常時ブラウザを
    起動しっぱなしの私は、少し改善してもらえると
    うれしい感じです。
    それに、使ってると、だんだん消費メモリが増えていきますしね。(^^;