• 162月

    Parallels DesktopがRC3版の「Build 3170」にアップデートしていたので
    ダウンロードして試してみました。

    動作のほうは、RC2で既に安定していましたから、今回も問題はない
    感じです。

    ただ、描画がらみを少し変更したのかな?という感じは受けます。
    極端なスクロールとか、画面の更新が大きい時に、少しちらつく
    印象を受けました。

    で、いつものHDBENCHでの結果をRC2と比べてみましょう。

    ALL 88943 (124388)
    Integer 152823 (153070)
    Float 100785 (101434)
    MemoryR 83191 (83293)
    MemoryW 81450 (81348)
    MemoryRW 158293 (157577)
    DirectDraw 30 (31)
    Rectangle 43369 (42905)
    Text 7990 (7986)
    Ellipse 19276 (19176)
    BitBlt 54 (53)
    Read 240093 (258585)
    Write 12112 (252216)
    RRead 188929 (188929)
    RWrite 7676 (32653)

    かなりスペックダウンしたような結果になってしまっていますが、これは
    前回がディスクキャッシュが効いてしまった状態だったせいかと。
    その他の項目については、ほぼ誤差レベルみたいです。

    ただ、これも描画がらみですが、DirectDrawの描画の発色がキレイに
    なってる気がします。
    これって、もしかするとDirect3D対応が内部的に進んできているのかも
    しれない、なんて勘ぐってみたり…。

    機能面では、Vistaへのアップグレードをサポートしたりと、地道に向上
    させてきてくれているようです。
    あともう1,2回くらいはRC版が出るのかもしれませんね。

    Filed under: Mac
    2007/02/16 10:20 pm | Parallels Desktop RC3 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.