• 049月

    以前からやろうと思いつつ、なぜかうまくいかなかったParallelsの
    BootCamp領域を使った仮想マシンですが、Paralellsがバージョンアップして
    Snow Leopard対応になったこともあり、ここで試してみることに
    しました。

    一応、少し前からWindows 7体験版用の簡単インストールは用意されて
    いるので、これを使いましたが、設定にかなり時間がかかります。
    時間的なことだけなら、新規インストールとあまり変わらないかも。

    以前からうまくいってなかったのは、ディスクのLocarionに「IDE0:0」を
    選択していなかったのが、まずかったようです。

    メモリは1GBが割り当てられましたがg、これだとやはりちょっと
    足りないですねぇ。
    うちのiMacは現状、2GBなので、Macも重くなってしまいますし、
    Windows 7も軽快とは言い難いです。

    メモリを増やしたいところですが、うちのiMacは2GBとの差し替えで
    3GBにするのが限界だからなぁ。


    【宅配便送料500円】【メール便250円】Transcend(トランセンド)PC2-5300 DDR2 SODIMM 200pin …

    遅いものの、動作自体は非常に安定しています。
    Windows 7でもCoherenceでちゃんと動いてくれています。

    mbmac
    mbmac posted by (C)MacBS

    あと、Paralles側でもライセンス認証する必要がありますが、これも
    オンライン認証でうまくいきました。
    もちろん、BootCamp起動のWindows 7にも影響はありません。

    ここまでやっておけば、いつでもWindowsを呼び出せるので、なおさら
    Mac OS Xばかり使うことになりそうです。(笑)


    【送料無料】Parallels Desktop 4.0 for Mac 特別優待版[Mac](PD4M-PN)

    Filed under: Mac
    2009/09/04 12:54 pm | ParallelsでWindows 7 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.