• 146月

    MSDNで使ってるので、すっかり発売された気になっていたOffice 2010ですが、一般発売は6/17だそうで。
    そして、それを受けてという形になるのか、Mac版の「Office for Mac 2011」も今年後半の発売予定だそうです。

    ただ、このOffice 2011、64bitにはならず、32bitのみでの提供となるんだとか。
    Office 2010との互換性のためにCocoaに移行できなかったからとか。
    でも、Photoshop CS5やLightroom 3もUIはCocoaベースにはなってないですけどねぇ。
    そもそもわざわざ使いづらいリボンインタフェースに揃えてもらわなくても…という気もしますし。

    Mac版のOfficeはv.Xの頃あたりが好きだったかなぁ。
    2004あたりまではそこそこMacっぽさが生かされたアプリだったけど、2008でガッカリな感じになりましたし。
    まぁ、Beta版のスクリーンショットを見る限りは悪くない感じのようですし、OutlookやVBAの復活もありますから、ちょっとは期待できるかな。

    ただ、Cocoaに移行できていないのは他人事ではなく、拙作のMuteConも同じなんですよね。
    UIが複雑なわけでもないですし、習作もかねてCocoaへの移植をぼちぼち始めてみようかなぁ。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/06/14 3:17 pm | Office for Mac 2011は32bit はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.