• 099月

    拙作の起動音消音ユーティリティ「MuteCon」を1.10にバージョンアップ
    しました。

    というのも、Snow LeopardでQuickTime7がオプションインストールに
    変更になっちゃったんですよね。
    その関係で、QuickTime7が入っていないと、内部で音量コントロールに
    使用している関数が、どうも動作しないようです。

    そういうご連絡をいただいたので、以前調査しておいたCoreAudioを利用した
    処理に変更してみました。
    たぶん大丈夫とは思いますが、複数音源が装備されている場合など、不具合が
    発生する可能性もあるかも。

    なにか問題がありましたら、旧バージョンをご利用いただくか、ご連絡
    いただければ幸いです。

    ほんとは64bit対応やメニューアイコンへの常駐などの変更もしたかった
    ところなんですが、そこまでやるとなると、Cocoaにすべきですしねぇ。
    まぁ、ぼちぼちやっていこうかと思います。

    Mac OS X/iPhoneのためのCocoaプログラミング入門 Mac OS X/iPhoneのためのCocoaプログラミング入門

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2009/09/09 8:30 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • G-air Says:

    早速インストールしました! いつもショートカット(command+control+eject)で再起動する場合が多いのですが、その時はミュートされないようです。「厳密にはショートカットの再起動は内容が違う」的な記述がありましたが、それを実感しました。
    取り急ぎお礼とReportまで。ありがとうございました。

  • MacBS Says:

    G-airさん、コメントありがとうございます。

    ショートカットでの再起動ですが、確認したところ、
    当方の環境ではミュートされました。

    外部音源が接続されている、あるいはヘッドホンが挿してある
    といったことはありませんか?

    できれば解決したいと思いますので、ご検証いただければ幸いです。
    それでは、よろしくお願いいたします。

  • G-air Says:

    ずいぶんお手数おかけしてしまって恐縮です。
    ライン出力でスピーカーを繋げてあります。これですね。

  • MacBS Says:

    G-airさん、コメントありがとうございます。

    やっぱりスピーカーですか。
    スピーカーがつないであると、そちらの音量がミュートされてしまうんです。

    内部音源のほうもミュートしたいのですが、それが拾えないんですよねぇ。
    QuickTimeの時は完全に無理でしたが、CoreAudioなら
    もしかしたら解決方法があるかもしれません。

    調べてみて、もし対応可能でしたら、バージョンアップさせて
    もらいますね。

    なお、とりあえずの対処方法としては、スピーカーを抜いた状態で
    ミュートしておくのをオススメします。
    その状態でスピーカーをつないだら、そちらはそれとは別に
    ボリュームコントロールできるはずです。

    それでは、情報、ありがとうございました。