• 053月

    Macのメニューバーに時計を表示してくれるフリーソフト「MagiCal」が
    1.0.8にバージョンアップしています。

    今回の主なアップデート項目は、以下のような感じみたいです。

    ・ログイン項目への追加/削除オプションの追加
    ・非ASCII文字列が日付やツールチップで正しく表示されない点を修正
    ・部分的に日本語対応(曜日)
    ・”fuzzy”タイムオプションの追加

    私にとってうれしいのは、なんといっても曜日の日本語表示対応ですね。
    「月曜日」とちょっと長い表記なのが欠点ですけど、それでもやはり
    分かりやすいですし、今後はソフトのほうのローカライズも進むのかも。

    “fuzzy”な表示ができるオプションとか、カレンダーが好きな位置に
    表示できたりと、なかなか便利なので、ぜひお試しあれ。

    Filed under: Mac
    2007/03/05 10:01 pm | MagiCal 1.0.8 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.