• 076月

    噂通り、Intel製CPU搭載にMacは移行するようで。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0607/apple1.htm

    来年から出荷を開始して、2007年の終わりには全て移行するんだとか。
    既にIntelベースのMac上で動作するMac OS X Tigerのプレビューも
    デモされたようですから、かなり開発が進んでるみたいですねぇ。

    デモではPentium4 3.6GHzが使用されていたそうですから、特殊なCPUでは
    ないみたい。
    どうやら”Rosetta”というエミュレーション機能がカギになったようです。
    そのあたりの詳細はまだ不明です。

    とはいえ、CPUの性能をフルに発揮するには、やはりネイティブアプリが必要で、
    Xcode 2.1で対応するみたい。
    ほんの少し修正でOKということですが、こればかりは実際に試してみないと
    分かりませんよね。
    MuteConもその際はテストせねばならないですねぇ。

    Microsoft OfficeやAdobeはネイティブ対応を表明してるようですが、
    はたして他のソフトハウスは増えるのか、減るのでしょうか?

    あと、Mac OS X 10.5のコードネームも発表されました。“Leopard”だそうです。
    これにWindowsエミュレーション機能なんか付いたら、面白いんだけどなぁ。
    Windowsのソフトも動いちゃったりしたら、それはそれで結構良いかも。

    いずれにせよ、今日からしばらくはMac関連サイトは盛り上がりそうですね。
    逆にMacの売れ行きは…。だってねぇ。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2005/06/07 5:44 am | Mac、やっぱりIntelへ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.