• 069月

    開発用のiMacが到着したので、早速、かんたんにセットアップしてみました。
    プライベートで使ってるのがLate 2006ですから、もう五世代も新しいことになるようですね。
    スペックはCore i3の3.06GHzでカスタマイズは全くなしのデフォルトです。

    OSは10.6.3が入っていたので、まずはソフトウェアアップデートから。
    2回ほど再起動して完了です。

    そして、起動音がやっぱり気になるので、まずは真っ先に拙作のMuteConを。
    あとは以下のようなソフトをインストールしました。

    Google日本語入力
    MagicPrefs
    IP Messenger
    夜フクロウ
    Growl
    Adobe Reader
    The Unarchiver
    XCode

    これで最低限の環境は揃った感じですね。
    サンプルコードもコンパイルを通しましたが、問題なく動作してくれました。

    設定に関してもMacには慣れてるので特に困ることはなかったですね。
    あえて挙げるとしたら、Safariの「タブバーを常に表示」するところとか、デスクトップにHDDが表示されていなかったことくらいかな。
    ちなみに後者はFinderの環境設定から設定できます。

    ハードウェアのほうは五世代離れたわりには特に感慨はなかったですね。
    マウスは同じですが、キーボードはBluetoothのコンパクトなものなので、ちょっと入力しづらいかも。
    特にカーソルキーがもうちょっと大きかったら良かったのになぁと思いました。
    あと、どちらも電池が必要なので、充電器もそのうち買ったほうが良いかもしれないなぁと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/09/06 8:04 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    仕事用に夜フクロウは不要かと(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    一応、仕事用アカウントを取ってるんですよね。
    でも、まずは私用でテストしたんですけどね。(^^;