• 221月

    ミュージックプレーヤーアプリはこのところずっとAudirvana Plusを使っていますが、なにか新しいものはないかなぁと探していて、「Clementine」というのを見つけました。

    方向性としてはむしろiTunesに近いもので、Macだけでなくいろんなプラットフォームに対応しているのが良い点かと。
    お値段も無料ですから、気軽に試せますし。
    UIもiTunesにかなり似ていますが、機能が音楽再生に重きを置いてあるので、わりと軽快です。
    フォルダを指定してあげればちゃんとタグを見てアーティストごとなどに分類してくれますし、MP3やAACだけでなく、FLACにもしっかり対応しています。

    ただ、残念なことにハイレゾ音源には未対応っぽいんですよねぇ。
    試しにFLACを再生してみましたが、X-DDCの表示は44.1kHzのままでした。
    音自体は軽快な感じですし、再生開始時などに一部アプリで出がちなノイズもなくて良いです。
    また、それに関連してですが、曲を途中で停止した時もブツッと切れるのではなく、徐々にフェードアウトするなど、なかなか細かいところまで凝っています。

    Macへの対応も通知センターで再生曲の表示をしてくれたり、完成度は結構高いだけにハイレゾ対応だけが残念かな。
    通常の音源のみで、iTunesの重さに困ってる方には結構オススメできるアプリかと感じました。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2013/01/22 12:00 pm | Clementine はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.