• 022月

    リサイクルショップでBUFFALOのDVD-Rドライブ「DVSM-P58U2/B」を見つけたのでゲットして来ました。

    これまでもBUFFALOの「DVSM-PN58U2V」を使っていたんですが、イマイチ品質が良くないのもあって別のドライブを探していたんですよね。
    ほんとはBlu-rayドライブの導入を考えていましたが、なにせ格安でしたから物は試しということで。
    お値段もメディア数枚分の価格?というくらいのものでしたし。

    お値段の理由はフロントベゼルが少し外れかけていたためのようでしたが、それはあっさり取り付けられました。
    早速、Mac miniに繋いで動作確認しましたが、CDからのリッピング、DVD-Rの焼きこみとも問題なしです。
    XLDのAccurateRipでもエラー全くナシで、品質も良さそうです。

    ちなみに内蔵ドライブはソニーオプティアークの「AD-7560A」のようです。
    「DVSM-PN58U2V」よりは少し大きめの筐体ですけど、むしろそのくらいのほうが安心感はあります。
    なお、ACアダプタも付属していて、5V2.3Aのものが付いていました。
    Blu-rayにも惹かれる部分はありますが、しばらくはこれを使っていこうかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2013/02/02 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • こじろう Says:

    自分も今外付けドライブを物色中です。
    どうせならBlu-rayかなと思いつつ、使用頻度を考えると躊躇してしまいます。

    CDとDVDの読み込みが出来れば十分なんですけどね。

  • MacBS Says:

    こじろうさん、コメントありがとうございます。

    ブログ拝見して、いっしょだなぁと思ってました。
    最近のMacはドライブ非搭載ですからねぇ。
    あと、MacはBlu-rayビデオの再生環境も限られるのが難点ですね。

    DVDドライブは新品でも相当安いので、中古は価値がないようです。
    いざとなれば換装という手もあるのかなぁと思いますが、さすがにこれは古いのでPATAですねぇ。